シュトーレンのできるまで・・・
HOME
あるブログで我がモノポールのシュトーレンの事を書かれていたので・・続きといっては何ですが
モノポールのシュトーレンを私の知る限りでしかないですが・・ここで紹介させて頂きます。

 1、シュトーレンのできるまで・・・・
  まず、ドライフルーツ・干しぶどう・チェリー・オレンジピール・クルミ・
  アーモンドなどをラム酒に漬け込みます・・・1週間ぐらい。

 2、その次は生地作りです。漬け込んだフルーツを入れてミキシングします。

 3、その次はアーモンドフィーリングをつくります・・これがマジパン
   と言いますが、アーモンドを粉にして練り上げ棒状に細長くつくります
   (配合は職人しか知りませんので・・)

 4、その次は成型です。イエス様が寝ていたと言うゆりかごの形に生地を
   成型してゆきますが、その真ん中にマジパンを入れてから成型します。
   (勿論、マジパンも手作りです。)

 5、その次は釜入れです。1時間かけて焼き上げていきます。生地が
   重いので時間がかかります
  
 6、焼きあがるまでにバターを大きなボールに溶かしておきます。
   焼きあがったシュトーレンを お風呂に入れるようにバターの中に
   漬けて、さっと出します。200度からある釜から出たての
   シュトーレンを煮立ったバターの中に素手で入れます。
     (これは職人1人でします)
   私は釜から出た時に白い紙をひいた鉄板で待っていて、それで、
   風呂上りの赤ちゃんを受け取るように大切に受け取ります。そして、
   又バターのお風呂に入ったシュトーレンを待って受け取ります。

 7、そして、赤ちゃんにパウダーを付けるようにグラニュー糖を
   まんべんなくまぶします。

 8、そして、今度は完全にさまします・・そして完全に落ち着いた
   シュトーレンにクリスマスの雪をかけます・・粉糖です。・・
   ・・これは雪を表しています。
       
        こうして、シュトーレンは出来上がります。

 9、後はラップして(二重に)・・・私の出番・・
   ラッピングです。ひとつ・ひとつお嫁に出す様に真心こめて
   赤いリボンで十字にかけます。それはイエスさまの十字架を
   表しています