シュトーレン Christ Stollen
HOME

シュトーレンは十六世紀中世ドイツに生まれたクリスマス用のリッチなイースト菓子で、殊にドイツではクリスマスEVEから数えて四週目の日曜日=降臨祭から食べ始め、イブの夜に家族で最後の一切れを食べてクリスマスを迎えるようです。

シュトーレンのやや長方形の形は、キリスト降誕の時に初めて寝かされた“ゆりかご”を・・・真っ白な粉糖は“雪”を・・・リボンの十字は“十字架”を表しています。

当店のシュトーレンはマジパン(アーモンドフィリング)を包み込んだ玄人好みの本格的なシュトーレンで尚且つひと月ぐらい長期保存がききます。

シュトーレンの食べ頃は 焼き立てよりも粉糖のしみ込んだ一週間目から二週間目位が、最も美味しく食べられます。

シュトーレンは1センチ位の厚さにスライスしてお召し上がりください。
残りは切り口をしっかりラップしておいて下さい。

では、ふるき良き時代、中世ドイツの温かさ(味覚)充分味わってみて下さい。

             

京都市右京区西京極大門町
20−6
電話075-321-6362